ヘッダー

交通事故治療

交通事故の弁護士特約に関してのお話しです。

 

弁護士特約を利用されているでしょうか?

 

ほとんどの方々が利用されていません。

 

理由として、弁護士特約に入っているにも関わらず、

制度自体のことを知らないので、利用できていないのです。

 

 

弁護士特約の加入率は、某保険会社では

70%を超えております。(※加入できない損保もあります。)

 

つまり今でも弁護士特約に入っている方は

少なからず存在するということになります。

では、弁護士特約に加入してどんなメリットが

あるのか?
ここからは弁護士特約に関しまして解説です。
○弁護士費用特約

 

弁護士費用特約とは,自動車に乗車中の交通事故、

歩行中の交通事故受傷等で、あなたがケガをする、

後遺症を残す、死亡する状況に至ったときに、

弁護士の依頼費用が保険会社より負担される特約のことです。

 

弁護士費用特約があると、あなたが費用を負担することなく、

事故受傷直後から相手との面倒な交渉や訴訟を含む

示談交渉を弁護士に一任することができます。

この特約の保険料は、平均的には年間、1500円前後で、

いざというときに顧問弁護士に依頼したかのような解決が

期待できるのです。

 

○弁護士費用の負担額

 

弁護士の相談料は10万円、弁護士費用の総額は

300万円までが負担されます。

慰謝料なども通常のケースよりも増える傾向があります。
通常の弁護士依頼では出来高で引き受けるため、
できる限りの請求額をだしていくので、
増額します。

○損保の指定する弁護士

 

損保が指定する弁護士でなければ特約は利用できませんと

お伝えする担当者も中にはおりますが、

そんなことはございません。

 

実は意外と知らないことなのですが、

弁護士は指定をすることができますので、

そこが弁護士特約の大きなポイントになります。

 

○慰謝料や休業補償

 

慰謝料や休業補償のサポートを弁護士基準値で

請求しているケースはほとんどございません。
休業補償においては一日最大2万円弱まで補償を

受けることができるケースもあります。
もちろん弁護士特約に加入しておりましたら

弁護士への相談料も着手金も弁護士費用もすべて

弁護士特約を利用することができますので

患者様の負担はありません。

 

もしも事故にあわれたら、落ち着いてきたら
自分の保険もしっかりと見てみましょう。

自分の保険屋さんに加入しているのか聞くのが
1番早いでしょう。(●´ェ`)=o)゚

交通事故での過失相殺の基本要素は、いくつかあります。

まずは道路交通法の優先権の有無です。

進行妨害等の規定に違反していた場合、

過失が「大」となります。

例えば、直進をしていたA車に

右折をしようとB車が飛び込んだ場合、

直進をしていたA車に優先権があるので、

B車の過失が大きくなります。

次に、優者は危険の負担が「大」となります。

「優者」とは、優位的な立場にある方をいいます。

 <例>

車 × 人 → 車の方が大きい

四輪車 × 二輪車 → 四輪車の方が大きい

車 × 自転車 → 車の方が大きい

また、幼児や老人、身障者の場合は、過失割合がとても小さくなります。

そして、事故当時の具体的状況も大事な要素になってきます。

どのくらいのスピードが出ていたのか、道路の幅員の大小、

天候や明るさなどを検証していき、過失割合が決まっていきます。

以上のような抽象的な要素で、

実際に事故が起きてしまった時に

どのくらいの過失割合になるのかは、

具体的には判断できませんが、

様々な事故態様に応じて具体的な割合が示されている

「過失割合の認定基準」というものがあります。

その中でも一番基本的で権威があるといわれるのが

「民事訴訟における過失相殺率の認定基準」
<東京地裁民事第二七部(交通部)編>

です。

ただし、この基準もあくまで一応の基準で絶対的なものではないので、

具体的事故状況や具体的事実を十分吟味したうえで

基準で示している加算・減算要素を活用して

双方が妥当であると納得できる結論を導き出すように

心しておきましょう。

物損事故が人身事故や死亡事故と大きく異なるところは、

自賠責ではなく、民法の『不法行為』が適用される

ということです。

この『不法行為(七〇九条)』が適用された場合、

損害賠償を請求するにあたって、被害者に『立証責任』が生じます。

加害者(Aさん)がどのような過失をもって事故を起こし、

この事故により、被害者(Bさん)が

どのような損害をどのくらい生じたのかを

「被害者」が証明しなければなりません。

例えば、信号のある交差点で

Aさん(加害者)がBさん(被害者)の車と正面衝突してしまいました。

幸い、お互いに怪我もないようだったので、

物損事故として取り扱われることになりました。

しかし、AさんもBさんもお互いに『信号は青だった』と主張し、

目撃者も見つからないような場合、

Bさんは、『Aさんが赤で交差点に進入してきた』

あるいは『自分が青で進入した』ということを

立証しなければならないのです。

これを立証するのは、非常に難しいですし、

実際に立証できないことの方が多いようです。

また、加害者が対物保険のついている自動車保険に

加入しているかどうか、確認が必要です。

加入していれば、保険会社が査定をするので、

損害額の証明はさほど問題ありませんが、

加入していなければ、加害者負担となります。

過失割合や修理する・しないということ、

代車料や登録費用等で対立することもあるようです。

整骨院の先生や、弁護士の先生に相談しながら

対応していくといいかもしれませんね。(*^^)b

Bさんは、先日新車を200万円で購入しました。

しかし、購入して3日目にAさんから追突されてしまいました。

Bさんの車を修理するには、

45万円の費用がかかるとわかりましたが、

Bさんは、Aさんに乗っていた車を渡すので、

新車を買って返却するようにしてほしいと思っています。

このようなことは、可能なのでしょうか??

結論からいうと、

残念ながらほぼ不可能なのが実情のようです。

Bさんにしてみれば、

買ったばかりの新車を壊されて、

修理できるとはいえ、一度事故に遭ってしまった車には

乗りたくないという気持ちでしょう。

しかし、損害賠償のときは感情ではどうしようもなく、

また金銭で賠償するのが原則です。

同じものや代替品を被害者に返却することは、

BさんとAさんの双方が納得することが必要ですが、

本人たちがいくら同意したといっても、

Aさんが新車を買えるだけの任意保険に加入していても、

Aさんの保険会社さんが応じてくれないのが現状のようです。

法律上、認められていないことを強く要求しても、

交渉相手との話し合いが紛糾して、長引いていき、

被害者にとっては精神的な苦痛となり、

なんのメリットもありませんので、

法律内で円満に解決するようにお話を持って行った方が

いいですね♪(*^^)b

肩こり、腰痛専門ホームページ

http://youtu.k110.jp

TEL 099-250-2688

http://nakaharaseikotsuin.com

交通事故治療 専用ページ

http://k110.jp

交通事故専用ダイヤル(当院用)

0120-300-665

訪問マッサージ  きらら

http://kira100.net

TEL 0120-013-313

http://nakaharaseikotsuin.com

肩こり、腰痛 専用ホームページ

http://youtu.k110.jp

整骨院 治療メニュー

http://nakaharaseikotsuin.com

物損事故が人身事故や死亡事故と大きく異なるところは、

自賠責ではなく、民法の『不法行為』が適用される

ということです。

この『不法行為(七〇九条)』が適用された場合、

損害賠償を請求するにあたって、被害者に『立証責任』が生じます。

加害者(Aさん)がどのような過失をもって事故を起こし、

この事故により、被害者(Bさん)が

どのような損害をどのくらい生じたのかを

「被害者」が証明しなければなりません。

例えば、信号のある交差点で

Aさん(加害者)がBさん(被害者)の車と正面衝突してしまいました。

幸い、お互いに怪我もないようだったので、

物損事故として取り扱われることになりました。

しかし、AさんもBさんもお互いに『信号は青だった』と主張し、

目撃者も見つからないような場合、

Bさんは、『Aさんが赤で交差点に進入してきた』

あるいは『自分が青で進入した』ということを

立証しなければならないのです。

これを立証するのは、非常に難しいですし、

実際に立証できないことの方が多いようです。

また、加害者が対物保険のついている自動車保険に

加入しているかどうか、確認が必要です。

加入していれば、保険会社が査定をするので、

損害額の証明はさほど問題ありませんが、

加入していなければ、加害者負担となります。

過失割合や修理する・しないということ、

代車料や登録費用等で対立することもあるようです。

整骨院の先生や、弁護士の先生に相談しながら

対応していくといいかもしれませんね。(*^^)b

Bさんは、先日新車を200万円で購入しました。

しかし、購入して3日目にAさんから追突されてしまいました。

Bさんの車を修理するには、

45万円の費用がかかるとわかりましたが、

Bさんは、Aさんに乗っていた車を渡すので、

新車を買って返却するようにしてほしいと思っています。

このようなことは、可能なのでしょうか??

結論からいうと、

残念ながらほぼ不可能なのが実情のようです。

Bさんにしてみれば、

買ったばかりの新車を壊されて、

修理できるとはいえ、一度事故に遭ってしまった車には

乗りたくないという気持ちでしょう。

しかし、損害賠償のときは感情ではどうしようもなく、

また金銭で賠償するのが原則です。

同じものや代替品を被害者に返却することは、

BさんとAさんの双方が納得することが必要ですが、

本人たちがいくら同意したといっても、

Aさんが新車を買えるだけの任意保険に加入していても、

Aさんの保険会社さんが応じてくれないのが現状のようです。

法律上、認められていないことを強く要求しても、

交渉相手との話し合いが紛糾して、長引いていき、

被害者にとっては精神的な苦痛となり、

なんのメリットもありませんので、

法律内で円満に解決するようにお話を持って行った方が

いいですね♪(*^^)b

肩こり、腰痛専門ホームページ

http://youtu.k110.jp

TEL 099-250-2688

http://nakaharaseikotsuin.com

交通事故治療 専用ページ

http://k110.jp

交通事故専用ダイヤル(当院用)

0120-300-665

訪問マッサージ  きらら

http://kira100.net

TEL 0120-013-313

http://nakaharaseikotsuin.com

肩こり、腰痛 専用ホームページ

http://youtu.k110.jp

整骨院 治療メニュー

http://nakaharaseikotsuin.com