ヘッダー

美容、小顔、ダイエット

★★今年一発目の健康情報です★★

お正月はついつい気が緩んで食べ過ぎてしまうもの

それでダイエットをしっかりはじめる方も多いです。
私も典型的にそうです。(*・ω・*)o

そろそろアクセルを踏んでいきましょうね。

しか~~し、もしダイエットに励んでいるのにも
関わらず、どんどん脂肪がついてくる。

しかも野菜生活中心だというのに~~~
+(σ´д`。)+゚・クスン…

そんなお方はこんな病名かもしれません。

病名に行く前にこのような合併症状が
あるときはこの病気も
あてはまりますからね。要チェック( ノω-、)

(よくある合併症状)

(1)血圧が高い
(2)疲れやすい
(3)立っているだけで疲れる
(4)異常な高血圧

【病名】
原発性アルドステロン症

もっというと副腎ガンになると上記の病名も
含まれます。

ちなみに副腎ガンも似たような症状が現れます。
頭痛
中枢性肥満
腹部の痛み
腹部のしこり
高血圧
頭痛
動悸

こんなにいっぱい! ((。´・ェ・[-盾-]★━━━━━…

要するに普通の状態ではないです。

脳出血の原因は、高血圧がおおいです。

高血圧を引き起こす病があります。

その病の名は「原発性アルドステロン症」。

腎臓の上部にある副腎に腫瘍が出来ることで、
アルドステロンというホルモンの分泌に異常が起こり、
高血圧となる病です。

腫瘍が出来る原因は今だ不明ですが、
現在3500万人いる高血圧患者のうち、
およそ5%がこの病であるといわれています。

副腎から大量に分泌されたアルドステロンの影響で、
血液中のカリウムの量が減少し、糖分が増加します。

これが高血圧を引き起こします。

知らない人は、食事療法により血圧を抑えるよう心がけます。
実は、これが落とし穴!

結果、一時的に血圧は下がりますが、
それが逆に隠れ蓑となってしまうのです。

血圧が下がっても、腫瘍がなくなったわけではありません。
次第に腫瘍は大きくなり、アルドステロンの分泌異常も加速します。

やがて食事による摂取だけでは、
カリウムを補えない状態になります。

実はカリウムは筋肉の動きにも深く関わりがあるため、
減りすぎると、筋力が低下します。

そのため、「疲れやすい」、
「長時間立っていられない」
などの症状を引き起こしてしまうのです。

しかし、その疲れやすさは独自の判断ではなかなか
むずかしもの。仕事が忙しい、夏バテのせい、そんなふうにしか
普通の方は考えないものです。

そうなると血液中に増えたアルドステロンによって、
ついには動脈硬化を引き起こしてしまうのです。

そして、高血圧に耐えられなくなった脳は、
ついには血管が破れ脳内に出血します。

確かに、減塩やヘルシーな食事をすることは
非常に高血圧に有効です。

しかし、それを過信するのは禁物。
たとえ食事療法によって一時的に血圧が下がっても、
それで安心せず、定期的に血圧を測る。
それこそがこの病からあなたの身を守る術です。

さて私も正月太りを解消せねば

(´つω・。)イ

【体脂肪】とは、

一般的に皮下や内臓に蓄えられた脂肪のことを指します。

この体脂肪が体重に占める脂肪の割合が多いことを

【肥満】と呼びます。

体重が多くても、

筋肉質で体脂肪率の低い人もいれば、

体重が標準または少なくても、

体脂肪率の高い「かくれ肥満」と呼ばれる場合もあります。(+_+)

【脂肪】というと、

成人病の要因とされマイナスイメージを持たれることが多いですが、

私たちが生きていくうえで必要な栄養素なのです。(*^^)v

【脂肪】の役割は、

「肌に潤いを与える」

「身体を温める」

「エネルギーの源」

「臓器を保護する」などたくさんあります。

しかし、脂肪の摂りすぎは即カロリーオーバーにつながります。

脂肪は1g=約9kcalものエネルギーがあり、

タンパク質や糖質の約2倍に相当します。

また、食生活やライフスタイルの乱れが

体脂肪の増加を助長させます。

水分やタンパク質、糖質、ミネラル等他の栄養素と一緒に

脂肪もバランスよく摂取することが大切です。(*^^)b

肩こり、腰痛専門ホームページ

http://youtu.k110.jp

TEL 099-250-2688

http://nakaharaseikotsuin.com

交通事故治療 専用ページ

http://k110.jp

交通事故専用ダイヤル(当院用)

0120-300-665

訪問マッサージ  きらら

http://kira100.net

TEL 0120-013-313

http://nakaharaseikotsuin.com

肩こり、腰痛 専用ホームページ

http://youtu.k110.jp

整骨院 治療メニュー

http://nakaharaseikotsuin.com

Q.【腹筋運動でお腹の脂肪は落とせる?

A.一部を極度に運動させたからといってその部分の脂肪が減るとは限りません

脂肪は、エネルギー消費量が高まった時に少しずつ減っていきます。
減り方は、動かした部分と関係なく体全体を通して減っていくので、
その部分だけの脂肪を落とせるとは限らないのです。

Q.【太り方のタイプは男女差がある?

A.ホルモン作用によって若干違います。

ホルモン作用により、一般的に男性は腹部に脂肪が付きやすく、
女性は下半身につきやすいといわれています。

Q.【中高年になると痩せにくくなる?

A.ライフスタイルの見直しにより減量は可能です

いわゆる【中年太り】の原因は、
エネルギー量の摂りすぎと消費エネルギー量の少なさです。
運動不足であるうえに飲みすぎや食べ過ぎにより、
摂取量と消費量のバランスが崩れている状態です。
食事の栄養バランスや適切な量、適度な運動を心がけるなど、
ライフスタイルを見直しにより減量することが可能です。

肩こり、腰痛専門ホームページ

http://youtu.k110.jp

TEL 099-250-2688

http://nakaharaseikotsuin.com

交通事故治療 専用ページ

http://k110.jp

交通事故専用ダイヤル(当院用)

0120-300-665

訪問マッサージ  きらら

http://kira100.net

TEL 0120-013-313

http://nakaharaseikotsuin.com

肩こり、腰痛 専用ホームページ

http://youtu.k110.jp

整骨院 治療メニュー

http://nakaharaseikotsuin.com