ヘッダー

2013年 9月

心ときめく恋はいくつになっても
いいものです。ただこの病気だけは
気をつけて(*ゝω・)ノ ♪

□□□□□□
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

≪病名》

心房細動(しんぼうさいどう)

「心房細動」とは、不整脈の一種で、
心臓の心房という部分の筋肉が痙攣し、

体に様々な障害をもたらす病。現在、
この病の患者数はおよそ100万人。

しかし、自覚症状のない潜在的な患者も
含めると200万人以上いるとも言われています。

この病になりやすいのは50歳以上の男性です。

過度の飲酒や睡眠不足など、
生活習慣に問題がある人。

さらに、ストレスも大きな危険因子の一つです。
仕事上のストレスが原因の方もおおいです。
しかし、ストレスの元はそれだけではありません。

そう、あのなんともいえない胸の高鳴り
(* ´>艸<){盾}\(。・・。)

あの気になる人との接触も実はストレスに。
過剰に意識した結果、それが緊張という名の
ストレスになっているです。

まあそこまで行く人はかなりめずらいしと
思いますが:ヽ(∀≦*)ブッ

では、なぜストレスが心房細動を
引き起こしてしまうのでしょうか?

実は心臓は、ストレスに敏感に
反応する自律神経が数多く
張り巡らされている臓器の一つです。

恋愛しているときに
胸がキュンとするのは、

自律神経が過剰に反応し、
血管を収縮させるためと考えられています。

極度のストレスを溜め続けることで
心臓を取り囲む自律神経が異常をきたします。

通常は1分間に60回から80回の
心房の拍動数があります。

しかし痙攣などの異常によって

なんと300回から500回にまで
速まってしまうことがありす。
(;゚;ж;゚; )

しかし、心房細動だけでは、
命に関わることはまずありません。

怖いのは、長期間、心房細動が続いた場合です。
そうなると心房の中になんと血栓が生まれます。

心房細動が起きると、血液が滞るため
血栓ができやすいのです。

そうしてある日、何かのことで気持ちが焦り、
走ったことで血圧が急上昇。

その結果、血栓が心臓を飛び出して脳の血管へと。

そこを詰まらせるともちろんのことながら
脳梗塞になってしまうのです。

この心房細動は、緊張しがちで、
しかもストレスを溜め込みやすい
タイプの人が危ないと言われています。

ストレスの受け止め方一つで、
恋も病に変えてしまうかもしれません。

ただこれはレアケースですので
いつまで経ってもいい恋はしてくださいね。
(○゚ω゚)っ〔」」」〕  — 場所: なかはら鍼灸整骨院

[風邪が治らない] そんな時は
■■■■
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

[風邪が治らない]

もっと症状が強くなる

病院に初期から行っている人もいるかも
しれませんが、病院にも行かず
風邪だから安静にして置けば体調も
回復するだろうと思い込んでいる人も多いです。

まだ風邪ならいいですがそうでない
ことがありますので、もしどんどん
症状が強くなる、次のような症状が
でてくる、となれば次の病気かも
しれません。

どんどん次のような症状が強くなる。

足がふらつく
手がふるえる
身体が動きづらい
もしくは動かない

この場合つぎのような病気のおそれが
あります。

≪病名》
横紋筋融解症
(おうもんきんゆうかいしょう)

「横紋筋融解症」とは、骨格の周りに
ついた横紋筋という筋肉の細胞が、
何らかの原因でダメージを与えられ、
壊死していく病気です。

すると、普段は筋肉の中で酸素を
蓄えているミオグロビンが溶け出し、
血液中に流出します。

そのミオグロビンが腎臓に
目詰まりを起こし、腎機能が低下します。

すると毒素を排出できなくなり、
最悪の場合には、多臓器不全を引き起こし、
死に至るケースもあります。

ではなぜこの病気になってしまうでしょう?

その原因は・・・

過度の「ストレス」。

実はこうしたストレスは免疫力を
大きく低下させてしまします。

なかには体調を崩し、
風邪をひいてしまう。

きっかけは単なる風邪に過ぎませんでしたが

この時病院に行けば、悪化することは少なかった

かもしれません。

「急性肺炎」を発症してしうことがあります。

そしてこの急性肺炎が、さらに横紋筋融解症を併発させたと考
えられます。

事実、急性肺炎の患者の4.7%が、
横紋筋融解症を発症したという報告があります。

どの段階で横紋筋融解症を発症していたかはわかりません。

生存率20%などというところまでの
1番最終段階まで進むとアウトなので

風の処置をしてもらったものの
なかなか治らずひどくなったときには
上記のようなことを留意して
きちんと再検査をうけることを

おすすめいたします。

ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿アワワ

『イボが広がっていく』…体のシグナル

イボは命に別状はない…

 

このような認識でいるとある日イタイ目をみることが
あります。
次のような体の変化見逃さないでください。
①できものが急激に増える
②あちこちにイボなどができる
③両足にイボができる

さて、この気になる病名ですが…
<病名>

胃がん

 

「胃ガン」とは、何らかの原因で胃の粘膜にある
細胞の遺伝子が傷つき、ガン細胞に
突然変異してしまう病のこと。

毎年およそ10万人が発症する肺ガンに
次いで日本人に多いガンです。
この病の最も厄介なところは、

ガンが進行するまで、ほとんど自覚症状が
現れないこと。そのため、手遅れになるまで

気付かないというケースが少なくないのです。

明確なサインが出ていることもあります

それが…あの「イボ」です。
実はこのイボ、内臓の病が引き起こした
皮膚の異常で、『デルマドローム』と呼ばれるものです。
以前から皮膚科医の間では、内臓の病の存在を
知る手段として、広く知られている症状です。

 

他にもシミや発疹、足の裏のカサカサなど、
内臓の疾患によって起こる皮膚の異常は多種多様。

わかりやすいサイン、それが「イボ」だったのです。

なぜ、ガンになるとイボが出来るのか、
まだそのシステムは詳しくはわかっていませんが、

ガン細胞が出す何らかの成長因子が、
皮膚の表皮細胞を増殖、異常なイボを
生じさせるのではないかと考えられています。
そもそも通常の大人のイボは、
紫外線や加齢などによって表皮細胞が
過剰に増殖してできる良性の腫瘍。

60代以上の80%の人に認められる、
ごくありふれたものです。

 

では、この通常のイボとデルマドロームのイボ、
どう見分ければいいのでしょうか?

ポイントは痒みと増え方。通常のイボの場合、
痒みはありません。
数年かけてゆっくり増えるのが特徴です。
イボが、痒みを伴い、数ヵ月の短期間で急激に
増えたりすると要チェックです。
そう、デルマドロームのイボの特徴は、
痒みを伴うこと、
そして、数週間から数ヵ月の短い期間で急増することなのです。

 

デルマドロームは必ずしも病の早期に
現れるとは限りませんが、
イボが現れた人の80%以上に、
消化器系のガンが発見されています。
特に胃ガンなど症状が出にくい病の場合、
数少ない貴重なサインとなることがあるのです

 

あなたや身内の方などにもお話をして
からだのことを意識するようにしてくださいね。
~o(>∀<*)o

 

 

========

お気軽に御相談ください。

遠方の方でもしっかりとした、保証を受けることができます

facebook  中原 健太郎 で検索

スタッフ全員FBやってます~~(#^.^#)

お友達申請はお気軽にフォローもよろしくお願いいたします。
ツイッター
https://twitter.com/kentarou8

フォローは大歓迎です(^_-)-☆
肩こり、腰痛専門ホームページ

http://youtu.k110.jp

TEL 099-250-2688
http://nakaharaseikotsuin.com

交通事故治療 専用ページ

http://k110.jp
交通事故専用ダイヤル(当院用)

0120-300-665
訪問マッサージ  きらら
http://kira100.net

TEL 0120-013-313

http://nakaharaseikotsuin.com
肩こり、腰痛 専用ホームページ

http://youtu.k110.jp

(高血圧、冷え、不眠)御相談ください
整骨院 治療メニュー

http://nakaharaseikotsuin.com