ヘッダー

事故の記事

物損事故が人身事故や死亡事故と大きく異なるところは、

自賠責ではなく、民法の『不法行為』が適用される

ということです。

この『不法行為(七〇九条)』が適用された場合、

損害賠償を請求するにあたって、被害者に『立証責任』が生じます。

加害者(Aさん)がどのような過失をもって事故を起こし、

この事故により、被害者(Bさん)が

どのような損害をどのくらい生じたのかを

「被害者」が証明しなければなりません。

例えば、信号のある交差点で

Aさん(加害者)がBさん(被害者)の車と正面衝突してしまいました。

幸い、お互いに怪我もないようだったので、

物損事故として取り扱われることになりました。

しかし、AさんもBさんもお互いに『信号は青だった』と主張し、

目撃者も見つからないような場合、

Bさんは、『Aさんが赤で交差点に進入してきた』

あるいは『自分が青で進入した』ということを

立証しなければならないのです。

これを立証するのは、非常に難しいですし、

実際に立証できないことの方が多いようです。

また、加害者が対物保険のついている自動車保険に

加入しているかどうか、確認が必要です。

加入していれば、保険会社が査定をするので、

損害額の証明はさほど問題ありませんが、

加入していなければ、加害者負担となります。

過失割合や修理する・しないということ、

代車料や登録費用等で対立することもあるようです。

整骨院の先生や、弁護士の先生に相談しながら

対応していくといいかもしれませんね。(*^^)b

Bさんは、先日新車を200万円で購入しました。

しかし、購入して3日目にAさんから追突されてしまいました。

Bさんの車を修理するには、

45万円の費用がかかるとわかりましたが、

Bさんは、Aさんに乗っていた車を渡すので、

新車を買って返却するようにしてほしいと思っています。

このようなことは、可能なのでしょうか??

結論からいうと、

残念ながらほぼ不可能なのが実情のようです。

Bさんにしてみれば、

買ったばかりの新車を壊されて、

修理できるとはいえ、一度事故に遭ってしまった車には

乗りたくないという気持ちでしょう。

しかし、損害賠償のときは感情ではどうしようもなく、

また金銭で賠償するのが原則です。

同じものや代替品を被害者に返却することは、

BさんとAさんの双方が納得することが必要ですが、

本人たちがいくら同意したといっても、

Aさんが新車を買えるだけの任意保険に加入していても、

Aさんの保険会社さんが応じてくれないのが現状のようです。

法律上、認められていないことを強く要求しても、

交渉相手との話し合いが紛糾して、長引いていき、

被害者にとっては精神的な苦痛となり、

なんのメリットもありませんので、

法律内で円満に解決するようにお話を持って行った方が

いいですね♪(*^^)b

肩こり、腰痛専門ホームページ

http://youtu.k110.jp

TEL 099-250-2688

http://nakaharaseikotsuin.com

交通事故治療 専用ページ

http://k110.jp

交通事故専用ダイヤル(当院用)

0120-300-665

訪問マッサージ  きらら

http://kira100.net

TEL 0120-013-313

http://nakaharaseikotsuin.com

肩こり、腰痛 専用ホームページ

http://youtu.k110.jp

整骨院 治療メニュー

http://nakaharaseikotsuin.com

Bさんは、先日新車を200万円で購入しました。

しかし、購入して3日目にAさんから追突されてしまいました。

Bさんの車を修理するには、

45万円の費用がかかるとわかりましたが、

Bさんは、Aさんに乗っていた車を渡すので、

新車を買って返却するようにしてほしいと思っています。

このようなことは、可能なのでしょうか??

結論からいうと、

残念ながらほぼ不可能なのが実情のようです。

Bさんにしてみれば、

買ったばかりの新車を壊されて、

修理できるとはいえ、一度事故に遭ってしまった車には

乗りたくないという気持ちでしょう。

しかし、損害賠償のときは感情ではどうしようもなく、

また金銭で賠償するのが原則です。

同じものや代替品を被害者に返却することは、

BさんとAさんの双方が納得することが必要ですが、

本人たちがいくら同意したといっても、

Aさんが新車を買えるだけの任意保険に加入していても、

Aさんの保険会社さんが応じてくれないのが現状のようです。

法律上、認められていないことを強く要求しても、

交渉相手との話し合いが紛糾して、長引いていき、

被害者にとっては精神的な苦痛となり、

なんのメリットもありませんので、

法律内で円満に解決するようにお話を持って行った方が

いいですね♪(*^^)b

肩こり、腰痛専門ホームページ

http://youtu.k110.jp

TEL 099-250-2688

http://nakaharaseikotsuin.com

交通事故治療 専用ページ

http://k110.jp

交通事故専用ダイヤル(当院用)

0120-300-665

訪問マッサージ  きらら

http://kira100.net

TEL 0120-013-313

http://nakaharaseikotsuin.com

肩こり、腰痛 専用ホームページ

http://youtu.k110.jp

整骨院 治療メニュー

http://nakaharaseikotsuin.com

事故に遭った車は、

修理されたとしても中古車市場において

評価が低下することがあり、

 

『評価損』または『格落ち』として

損害の一部として請求されることがあります。

破損個所の修理が技術上の限界で、

 

明らかに自動車の性能・安全性・外観などが事故前より低下したような場合、

つまり完全に修理ができずに使用上の不便や使用期間の短縮等が

具体的に表面化してくるので評価損は本来認められるべきです。

 

例えば、200万円で下取りに出す契約をしていた車が

その後事故に遭ったとします。

 

修理後に再度下取りしてもらったら、

140万円にしかならなかったという場合、

 

下回った60万円を評価損として認めた判例があります。

しかし、車両が修理されても隠れた損傷があるかもしれないという疑念や

 

『事故車=縁起が悪い』ということで中古車市場での評価が下がるという

評価損については、使用を続けることによって具体的損害が

 

生じていないという理由から認めなかった判例が数多くあります

具体的な損害が表面化した場合でなければ

 

評価損や格落ちを認めてもらうことは難しいのが実情のようです。(+_+)

被害に遭った車が全損の場合、

 

車を新しく購入しますが、その際、

自動車取得税や車の登録費用等の費用がかかります。

 

車両買い替えのための税金等の費用については、

賠償の範囲になるものと、範囲外になるものがあります。

 

①自動車取得税:損害賠償範囲です。

この税は、自動車取得者に対し課されるからです。

 

②自動車税:損害賠償範囲外です。

廃車手続きをしていれば、

自動車を失った日の翌日から納税者に還付されるからです。

 

③自賠責保険料:損害賠償範囲外です。

車を廃車にすると、未経過月分は返還されるからです。

 

④自動車重量税:損害賠償範囲です。

新車購入をする際に課されるからです。

 

⑤検査・登録・車庫証明手数料:ある程度は損害賠償範囲です。

個人で手続きをできないことはないのですが、

通常、販売店に依頼して登録などの手続きを行っているので、

事故に伴う新車購入に伴う支払いになると考えるべきですね。

 

⑥消費税:損害賠償範囲です。

車購入の対価の一部で当然支払うべき税金です。

保険会社さんによっては、

 

全て賠償の範囲外であると主張なさることもあるようですが、

これらの費用がどのような目的でかかるのかを検討すれば、

損害賠償の範囲に入るものがかなりあることがわかりますね。

 

肩こり、腰痛専門ホームページ

http://youtu.k110.jp

TEL 099-250-2688

http://nakaharaseikotsuin.com

 

交通事故治療 専用ページ

http://k110.jp

交通事故専用ダイヤル(当院用)

0120-300-665

 

訪問マッサージ  きらら

http://kira100.net

TEL 0120-013-313

http://nakaharaseikotsuin.com

 

肩こり、腰痛 専用ホームページ

http://youtu.k110.jp

 

整骨院 治療メニュー

http://nakaharaseikotsuin.com