ヘッダー

交通事故の記事

交通事故によって負傷し、そのちりょうのためお仕事に

いけなくなってしまい請け負っていたお仕事の破棄、

加害者はどのような賠償責任をおうのか?

 

もちろんですが、加害者が意図的に、仕事をできなくしてしまうという

意図があれば賠償責任が間違いなく生じます。

 

お互いにそうですが、加害者と被害者はどんな仕事をしているのか?

どんな契約を請け負っているのかは知りえません。

 

そのため裁判では加害者が過失で被害者の契約をダメにしてしまった

場合でも加害者とって予期できない特別損害にあたるとして賠償責任までは

ないとする例が多くみうけられます。

 

ですので、請負契約が駄目になっても賠償責任は発生しないと考えておいた

ほうがよいでしょう。

 

しかし、加害者は休業損害が発生するのは当然のことです。

 

肩こり、腰痛専門ホームページ

http://youtu.k110.jp

TEL  099-250-2688

http://nakaharaseikotsuin.com

 

交通事故治療 専用ページ

http://k110.jp

交通事故専用ダイヤル(当院用)

0120-300-665

 

 

JRの乗車券、定期券などが無駄になった場合なども、

乗車券大も損害と認定できます。

また治療のため通勤定期などがその期間使用できなかった場合も

その間の利用料も損害として認定できますので、保険の担当者さんへ

その旨をお伝えいたしましょう。

肩こり、腰痛専門ホームページ

http://youtu.k110.jp

TEL 099-250-2688

http://nakaharaseikotsuin.com

交通事故治療 専用ページ

http://k110.jp

交通事故専用ダイヤル(当院用)

0120-300-665

交通事故んにあったため予定していた旅行がキャンセルに

なってしまった場合でも、キャンセル料は発生するところがほとんど

です。

この場合のキャンセル料は損害に該当するのかというのが焦点です。

 

裁判の判例からすると、ツアーのキャンセル料や、宿泊先のキャンセル

料やペンションなどのキャンセル料も損害にあたるとした判決があり

 

この点からキャンセル料が発生した旨を保険担当者様にお伝えして

損害として算入してもらいましょう。

 

肩こり、腰痛専門ホームページ

http://youtu.k110.jp

TEL  099-250-2688

http://nakaharaseikotsuin.com

 

交通事故治療 専用ページ

http://k110.jp

交通事故専用ダイヤル(当院用)

0120-300-665