ヘッダー

休業損害の記事

事故にあったとき、何らかの職業についていなければ

本来休業損害が発生することはありません。

ただ就職先が決まっていた場合に事故にあわれる場合もあります。

その場合、治療期間が再就職さきの決まっていた機関を

うわまわった、期間を休業損害として認めるべきで

その分は休業損害として発生することになります。

ただあまり長く休業することにより、就職先側から

雇用できない通知をうけたり、その期間からお仕事を

始めてもらわないと会社が困る場合があり、

雇用がむずかしくなるケースももちろんあります。

この問題はとてもむずかしく、まず話合いで、就職さきが

なくなったという損害賠償や慰謝料などを主張されますが

裁判できちんとどこまでが保証になるのか?ならないのか?

やってみないとわからない点はいっぱいあります。

その他お手伝いをしてある程度賃金を得ていたとすれば、

それを証明すれば、認められます。

========

お気軽に御相談ください。

遠方の方でもしっかりとした、保証を受けることができます

facebook  中原 健太郎 で検索

お友達申請はお気軽にフォローもよろしくお願いいたします。

ツイッター
https://twitter.com/kentarou8

フォローは大歓迎です(^_-)-☆

肩こり、腰痛専門ホームページ

http://youtu.k110.jp

TEL 099-250-2688

http://nakaharaseikotsuin.com

交通事故治療 専用ページ

http://k110.jp

交通事故専用ダイヤル(当院用)

0120-300-665

訪問マッサージ  きらら

http://kira100.net

TEL 0120-013-313

http://nakaharaseikotsuin.com

肩こり、腰痛 専用ホームページ

http://youtu.k110.jp

(高血圧、冷え、不眠)御相談ください

整骨院 治療メニュー

http://nakaharaseikotsuin.com

まず、一人暮らしの婦人の場合は家事労働を提供する家族がないので

休業損害が生じません。

 

また2世帯で、老夫婦、若夫婦2家族が1つの家計として生活している場合は

若夫婦が共稼ぎの場合、実質の主婦は老夫婦の奥様が主婦として

認められます。

現在は主婦休業損害は1日あたり約4000円が適用されます。

 

このようにして実質的な主婦として認定なければいけません。

もちろん若奥様が専業主婦であって、家の面倒をみていれば、

主婦としてあつかわれます。

 

肩こり、腰痛専門ホームページ

http://youtu.k110.jp
TEL  099-250-2688

http://nakaharaseikotsuin.com

 
交通事故治療 専用ページ

http://k110.jp
交通事故専用ダイヤル(当院用)

0120-300-665

休業損害を算出する場合、一般的な取り扱いでは

事故前3ヶ月の収入の証明を求められます。

休業によりボーナスの減額があった場合、

減額の証明を会社に出してもらえれば大丈夫です。

 

3ヶ月の収入で考えるのか、労働日数によって日割り計算てきなもの

になるかは、違ってきますが、これも話し合いです。

勤務先から休業期間の証明書をだしてもらいましょう。

記入事項として、

休んだ機関、その分の未払い分の給料、有給休暇の使用等、

などです。

有給休暇も休業損害の範囲に入ります。

この分ももちろん請求できますが、1日あたりは年収を365日で割った額を

請求するのが、妥当な線といえます。

 

病状から考えて欠勤しなければならなかったのか?を

判断するのは難しく、医療の妥当性に求められます。

 

肩こり、腰痛専門ホームページ

http://youtu.k110.jp
TEL  099-250-2688

http://nakaharaseikotsuin.com

 
交通事故治療 専用ページ

http://k110.jp
交通事故専用ダイヤル(当院用)

0120-300-665