ヘッダー

会社の記事

役員の報酬は全部が労働収入でない場合があります。

報酬のなかには、投資資本の利益部分や

お店のノレン利益部分、

節税対策部分が含まれていることがあります。

 

労働報酬がが基本的な休業損害の対象になりますので、そこを

証明することで認められます。

おおよそ、役員報酬とと労働報酬を千疋するのはむずかしいので

収入が高い方は、専門の弁護士さんをつけて解決することが得策になります。

 

肩こり、腰痛専門ホームページ

http://youtu.k110.jp
TEL  099-250-2688

http://nakaharaseikotsuin.com

 
交通事故治療 専用ページ

http://k110.jp
交通事故専用ダイヤル(当院用)

0120-300-665

交通事故治療が長引いてくると、

保険会社様から治療の進行や症状の改善状況など

交通事故治療の終了時期を探るため連絡がきます。

もしかしたら、「治療打ち切り」を早々に提示されるかもしれません。(+_+)

そこで慌てて治療打ち切りに同意し、

のちに「症状がきついので、もう一度治療がしたい」旨を

保険会社様へ伝えても再度治療継続することは、

残念ながらまずできません。

日頃から担当医と整骨院の先生とのコミュニケーションを密にして

現状を詳しく把握し、症状が未改善ならば、

保険会社様へはっきりと治療継続の意思を伝えることが大切です!

「まだ症状がきついので治療を続けたいと思います」と伝えていただければ大丈夫です。

保険会社様の方から一方的に治療を打ち切ることはできません。

(治る治療を受けるアフターフォローも含めて保険会社様のサービスですので)

保険会社様からわからないことを言われた場合は、

一旦保留にし、すぐに回答せずに整骨院の先生に相談したうえで、

保険会社様へご回答ください。

ただし、『症状固定』の状態であって治療打ち切りを提示された場合は、

整骨院の先生と相談した上で通院を終了してください。

『症状固定』とは、治療を継続しても症状が改善できない状態

です。

保険会社様が治療費を支払う責任があるのは、この症状固定までです。

仮に一生症状の改善がない状態が続いたとしても、

現在の法律では「一生分の治療費」を支払うことを認めてはいません。

治療費を打ち切られてもそこで終わりではありません。

少しでも症状が残っている場合は、

『後遺障害の診断』を整骨院の先生へ相談しましょう。

後遺障害が認定されれば、保険会社様からの支払金額が大きく変わってきます。

もし、認定されなくてもマイナスにはなりません。

ぜひ覚えておいてくださいね。(*^^)b

========

お気軽に御相談ください。

遠方の方でもしっかりとした、保証を受けることができます

facebook  中原 健太郎 で検索

スタッフ全員FBやってます~~(#^.^#)

お友達申請はお気軽にフォローもよろしくお願いいたします。

ツイッター
https://twitter.com/kentarou8

フォローは大歓迎です(^_-)-☆

肩こり、腰痛専門ホームページ

http://youtu.k110.jp

TEL 099-250-2688

http://nakaharaseikotsuin.com

交通事故治療 専用ページ

http://k110.jp

交通事故専用ダイヤル(当院用)

0120-300-665

訪問マッサージ  きらら

http://kira100.net

TEL 0120-013-313

http://nakaharaseikotsuin.com

肩こり、腰痛 専用ホームページ

http://youtu.k110.jp

(高血圧、冷え、不眠)御相談ください

整骨院 治療メニュー

http://nakaharaseikotsuin.com

まず大前提ですが、会社に責任が追求できるのは会社が

従業員に対して、通勤中に会社の仕事をさせて

いた場合意外あり得ないのです。

 

会社が通勤用のガソリン代を出している

会社の駐車場を利用している

 

などのものは通勤手当と同じようなものですし

駐車場は福利厚生の一種と考えられますので

従業員のことを考えてくれたサービスになりますので

 

それが交通事故の原因といわれるのは

スジ違いです。