ヘッダー

労災の記事

お仕事で使用人が会社の仕事のために自動車を運転中に

事故を起こした場合、その会社はは事故によって生じた損害を

賠償する義務があります。

 

使用者責任は人を死傷させたときも、自動車や物を壊したときも責任を負います。

下請けの従業員でも元請の会社の指揮、監督下にあるような場合

も含まれます。

 

マイカー通勤の途中の事故は基本的に会社は責任を負いません。

ガソリン代の補助やかいしゃの駐車場を無料で仕樣させていても会社は責任をおいません。

 

マイカーを常に事業の執行に使っている場合は責任を問われる場合があります。

 

求償額は満額認められるケースは少なく、制限されるケースがほとんどです。

 

通勤中やお仕事中の交通事故は基本的には労災という

扱いになります。

 

しかし、交通事故を

労災として扱うのは嫌っている会社もございます。

 

それは会社が落ち度を認めて、何か責任が生じた場合、

それがけっこうな金額になると大変なので労災扱いにするというのを

いやがります。

 

こちらが全然悪くない場合、10対0のときは保証をしてもらうだけなので

問題ないのですが、そういうことも頭にいれておきましょう。

 

ちなみにお仕事のケガも労災にはいります。

荷物を運んで挟まれたり、ギックリ腰になったりと単純なもので大丈夫です。

 

申告するのは気がひけるかもしれませんが、

せっかく労働保険料を払っていただいているわけですから、

窓口負担金0円で治療をうけられるので、そのほうが賢いです。

それと金額もかさばるようなものでしたら労災を使うといいでしょう。

 

交通事故の保険会社を使えばよいか、労災ですべきかわからないときは

整骨院のほうでご相談ください。