ヘッダー

名義の記事

未成年の子供が父親名義で自動車を割符購入し、

保険契約も父親名義などの場合は父親に責任があると認めています。

 

ひどいケースでは子供に保険料を渡しておいて、それを遊びに使ってしまい保険の

未加入状態で事故をお越し、父親に莫大な支払いがきたというケースが

あります。保険はしっかり加入しましょう。これは鉄則です。(‘∀`)

他人の名前で車を購入した場合、

物損事故の場合は、事故についての過失があったわけでは

ないので不法行為責任を負うというわけではありません。

業務中であれば責任を負うこともあります。

 

例えば専属的な運送担当者に、自動車の使用名義、または

車体表示を許したものが、自らの車両の月賦代金や

ガソリン代等を支払い、これを運賃からさしひいていた場合

 

名義を貸した者に責任を認めています。