ヘッダー

子供の記事

特に2歳から4歳の子供におおくみられ、

肘が抜けてしまい(亜脱臼した状態)

腕をかばって動かさなくなる状態です。

 

 

痛いのでかばって動かさない状態になります。

きれいに整復してあげないと神経に傷をつけたり、

心身に負担をかけますので、まず安静を保った状態で

当院にこられてください。

 

整復が終わると子供は腕を動かすようになります。

痛みもなく、ご両親の目の前で整復しますのでご安心ください。

 

 もう少し詳しくいいますと、ひじのところに

橈骨輪状靭帯というひじの靭帯がございまして、

そこを橈骨頭という骨がおさまっています。

その靭帯から橈骨頭が外亜脱臼を起こした状態が

肘内症という病名がつけられています。

5歳をすぎるころから体が安定してきますので

肘が抜けることがなくなります。

 

ご両親は可愛さのあまり忘れてよく抱き寄せたり、じゃれたりしますので(n‘∀‘)η

何回かはこういうケースを重ねてしまいます。

子供は可愛いいですから仕方ないですよね。(#^.^#)

 

 

小さいころは特にいろいろな症状がでます。

もし子供が痛みや違和感を感じていて下人が不明であれば

まずは当院で診察をうけてください。

 

注意

熱がある、咳をよくする、発作を起こす等は

お近くの病院、小児科で正しいお薬を処方されてください。

体の中の問題と体の痛み(姿勢や骨、筋肉とは)全然別のジャンルを

診察しているものなのでそこを認識するようにしてください。

 

必ず原因がありますので

それを探し出すようにしましょう。