ヘッダー

損害の記事

役員の報酬は全部が労働収入でない場合があります。

報酬のなかには、投資資本の利益部分や

お店のノレン利益部分、

節税対策部分が含まれていることがあります。

 

労働報酬がが基本的な休業損害の対象になりますので、そこを

証明することで認められます。

おおよそ、役員報酬とと労働報酬を千疋するのはむずかしいので

収入が高い方は、専門の弁護士さんをつけて解決することが得策になります。

 

肩こり、腰痛専門ホームページ

http://youtu.k110.jp
TEL  099-250-2688

http://nakaharaseikotsuin.com

 
交通事故治療 専用ページ

http://k110.jp
交通事故専用ダイヤル(当院用)

0120-300-665

むずかしい話は抜きで簡単にいいますと

 

付添い看護費

近親者に添いの場合

1日5500円~7000円

通院付き添いは1日3000~4000円

 

○交通費は原則として実費(乗り物機関の領収書を控えておいてください)

自家用車でこられる場合当院で全治療終了後に

ガソリン代も計算してお支払いできるように保険会社様に

こちらで計算して書類も提出いたしますのでご安心ください。

 

治療費はげんそくとして実費全額

鍼灸などの特別な治療もできます。

温泉や岩盤浴なども実は交渉次第でオッケーとなります。

 

先生に対する謝礼

こちらも治療内容を考慮し、社会的に適当な範囲で認められます。

(当院では原則うけとりません。簡単な差し入れ等はお気持ちを

考慮してありがたくいただきます。(-^〇^-))