ヘッダー

評価損の記事

事故に遭った車は、

修理されたとしても中古車市場において

評価が低下することがあり、

 

『評価損』または『格落ち』として

損害の一部として請求されることがあります。

破損個所の修理が技術上の限界で、

 

明らかに自動車の性能・安全性・外観などが事故前より低下したような場合、

つまり完全に修理ができずに使用上の不便や使用期間の短縮等が

具体的に表面化してくるので評価損は本来認められるべきです。

 

例えば、200万円で下取りに出す契約をしていた車が

その後事故に遭ったとします。

 

修理後に再度下取りしてもらったら、

140万円にしかならなかったという場合、

 

下回った60万円を評価損として認めた判例があります。

しかし、車両が修理されても隠れた損傷があるかもしれないという疑念や

 

『事故車=縁起が悪い』ということで中古車市場での評価が下がるという

評価損については、使用を続けることによって具体的損害が

 

生じていないという理由から認めなかった判例が数多くあります

具体的な損害が表面化した場合でなければ

 

評価損や格落ちを認めてもらうことは難しいのが実情のようです。(+_+)

被害に遭った車が全損の場合、

 

車を新しく購入しますが、その際、

自動車取得税や車の登録費用等の費用がかかります。

 

車両買い替えのための税金等の費用については、

賠償の範囲になるものと、範囲外になるものがあります。

 

①自動車取得税:損害賠償範囲です。

この税は、自動車取得者に対し課されるからです。

 

②自動車税:損害賠償範囲外です。

廃車手続きをしていれば、

自動車を失った日の翌日から納税者に還付されるからです。

 

③自賠責保険料:損害賠償範囲外です。

車を廃車にすると、未経過月分は返還されるからです。

 

④自動車重量税:損害賠償範囲です。

新車購入をする際に課されるからです。

 

⑤検査・登録・車庫証明手数料:ある程度は損害賠償範囲です。

個人で手続きをできないことはないのですが、

通常、販売店に依頼して登録などの手続きを行っているので、

事故に伴う新車購入に伴う支払いになると考えるべきですね。

 

⑥消費税:損害賠償範囲です。

車購入の対価の一部で当然支払うべき税金です。

保険会社さんによっては、

 

全て賠償の範囲外であると主張なさることもあるようですが、

これらの費用がどのような目的でかかるのかを検討すれば、

損害賠償の範囲に入るものがかなりあることがわかりますね。

 

肩こり、腰痛専門ホームページ

http://youtu.k110.jp

TEL 099-250-2688

http://nakaharaseikotsuin.com

 

交通事故治療 専用ページ

http://k110.jp

交通事故専用ダイヤル(当院用)

0120-300-665

 

訪問マッサージ  きらら

http://kira100.net

TEL 0120-013-313

http://nakaharaseikotsuin.com

 

肩こり、腰痛 専用ホームページ

http://youtu.k110.jp

 

整骨院 治療メニュー

http://nakaharaseikotsuin.com

事故に遭った車は、

修理されたとしても中古車市場において

評価が低下することがあり、

『評価損』または『格落ち』として

損害の一部として請求されることがあります。

破損個所の修理が技術上の限界で、

明らかに自動車の性能・安全性・外観などが事故前より低下したような場合、

つまり完全に修理ができずに使用上の不便や使用期間の短縮等が

具体的に表面化してくるので評価損は本来認められるべきです。

例えば、200万円で下取りに出す契約をしていた車が

その後事故に遭ったとします。

修理後に再度下取りしてもらったら、

140万円にしかならなかったという場合、

下回った60万円を評価損として認めた判例があります。

しかし、車両が修理されても隠れた損傷があるかもしれないという疑念や

『事故車=縁起が悪い』ということで中古車市場での評価が下がるという

評価損については、使用を続けることによって具体的損害が

生じていないという理由から認めなかった判例が数多くあります

具体的な損害が表面化した場合でなければ

評価損や格落ちを認めてもらうことは難しいのが実情のようです。(+_+)

被害に遭った車が全損の場合、

車を新しく購入しますが、その際、

自動車取得税や車の登録費用等の費用がかかります。

車両買い替えのための税金等の費用については、

賠償の範囲になるものと、範囲外になるものがあります。

①自動車取得税:損害賠償範囲です。

この税は、自動車取得者に対し課されるからです。

②自動車税:損害賠償範囲外です。

廃車手続きをしていれば、

自動車を失った日の翌日から納税者に還付されるからです。

③自賠責保険料:損害賠償範囲外です。

車を廃車にすると、未経過月分は返還されるからです。

④自動車重量税:損害賠償範囲です。

新車購入をする際に課されるからです。

⑤検査・登録・車庫証明手数料:ある程度は損害賠償範囲です。

個人で手続きをできないことはないのですが、

通常、販売店に依頼して登録などの手続きを行っているので、

事故に伴う新車購入に伴う支払いになると考えるべきですね。

⑥消費税:損害賠償範囲です。

車購入の対価の一部で当然支払うべき税金です。

保険会社さんによっては、

全て賠償の範囲外であると主張なさることもあるようですが、

これらの費用がどのような目的でかかるのかを検討すれば、

損害賠償の範囲に入るものがかなりあることがわかりますね。

肩こり、腰痛専門ホームページ

http://youtu.k110.jp

TEL 099-250-2688

http://nakaharaseikotsuin.com

交通事故治療 専用ページ

http://k110.jp

交通事故専用ダイヤル(当院用)

0120-300-665

訪問マッサージ  きらら

http://kira100.net

TEL 0120-013-313

http://nakaharaseikotsuin.com

肩こり、腰痛 専用ホームページ

http://youtu.k110.jp

整骨院 治療メニュー

http://nakaharaseikotsuin.com

被害者にとって、評価損をどのようにして決めるかは

事故後の車両評価をどのように決めるかによって変わってきますが

評価損がいくらであるかを被害者が立証しなければならず、

かなり難しい問題です。

財団法人日本自動車査定協会などの鑑定という方法もありますが、

裁判所では『評価の一つの資料』として扱われ、

決定的な資料とはいえないようです。

裁判所における評価損の認定は、

修理費に対する一定割合の概算で認定しているケースが

圧倒的に多いようです。

被害車両の使用年数や破損箇所などにより

必ずしも一定というわけではありませんが、

修理費の約2割~3割ぐらいです。

示談交渉などで相手方に評価損を認めさせるのは、

感情論をぶつけるだけではなく、

構造上・機能上・具体的不具合があることなど根拠を示しながら、

評価損がいくらくらいである、と交渉しましょう!(*^^)v

肩こり、腰痛専門ホームページ

http://youtu.k110.jp

TEL 099-250-2688

http://nakaharaseikotsuin.com

交通事故治療 専用ページ

http://k110.jp

交通事故専用ダイヤル(当院用)

0120-300-665

訪問マッサージ  きらら

http://kira100.net

TEL 0120-013-313

http://nakaharaseikotsuin.com

肩こり、腰痛 専用ホームページ

http://youtu.k110.jp

整骨院 治療メニュー

http://nakaharaseikotsuin.com