ヘッダー

責任の記事

道路を走っていると、

道に面した塀の上から大きな木の枝が

道に張り出しているのを時々見かけますよね。

道に枝が張り出すということは、

法律上、道路の所有権(所有者は国や自治体)を侵害していることになります。

民法では、道路の所有者が樹木の所有者に対し、

枝を切るように要求ができることになっています。

また、枝が道に張り出すことによって、

走行している車の妨げになることもあります。

和歌山県の国道で、並木の松の幹が道路に対して斜めに生えていたため、

トラックが車道左側の障害物を避けるために

道の右側に寄ったところ、松の幹に接触、

結果トラックが大破した事故がありました。

これについて、裁判所は道路管理者である国に

損害賠償責任を認めた判決を出しています。

肩こり、腰痛専門ホームページ

http://youtu.k110.jp

TEL 099-250-2688

http://nakaharaseikotsuin.com

交通事故治療 専用ページ

http://k110.jp

交通事故専用ダイヤル(当院用)

0120-300-665

訪問マッサージ  きらら

http://kira100.net

TEL 0120-013-313

http://nakaharaseikotsuin.com

肩こり、腰痛 専用ホームページ

http://youtu.k110.jp

整骨院 治療メニュー

http://nakaharaseikotsuin.com

まず大前提ですが、会社に責任が追求できるのは会社が

従業員に対して、通勤中に会社の仕事をさせて

いた場合意外あり得ないのです。

 

会社が通勤用のガソリン代を出している

会社の駐車場を利用している

 

などのものは通勤手当と同じようなものですし

駐車場は福利厚生の一種と考えられますので

従業員のことを考えてくれたサービスになりますので

 

それが交通事故の原因といわれるのは

スジ違いです。