ヘッダー

車両の記事

車庫入れの途中に車体をこすってしまったなど

ちょっとした自動車事故でも、修理の段階で

単なるバンパーの交換程度のもの以外は、

仕上げの段階で何らかの塗装が必要になります。

車両保険がついている保険に加入していれば、

保険会社に塗装代を請求することになります。

しかし、塗装する際に、

同じ色・同じ型番の塗料を使用したとしても、

塗装日時の違いや、塗装した日の天候などにより微妙な違いが生じ、

なんとなくおかしいと感じることもあるようです。(+_+)

そこで、被害車両の所有者には、部分塗装の違和感を嫌って、

「全塗装をしてもらいたい」という要求が生じます。

裁判所の一般的な考え方は、

『修理個所の塗装は、原則として破損部分の吹付塗装でよい』としています。

ただし、

『特殊な塗装技術を施してあるため、破損部分のみを吹付塗装すると、

他の部分との相違が明白となって美観を害する場合、

その美観が車両価格の大きな部分を占めているような時には、

全塗装と部分塗装を比較して費用に大きな差が生じない場合には、

例外として全塗装を認める』としています。

ただ、現実的に全塗装と部分塗装では費用に大きな差が生じており、

一般的には全塗装の主張が通るのは難しいようです。(-“-)

肩こり、腰痛専門ホームページ

http://youtu.k110.jp

TEL 099-250-2688

http://nakaharaseikotsuin.com

交通事故治療 専用ページ

http://k110.jp

交通事故専用ダイヤル(当院用)

0120-300-665

訪問マッサージ  きらら

http://kira100.net

TEL 0120-013-313

http://nakaharaseikotsuin.com

肩こり、腰痛 専用ホームページ

http://youtu.k110.jp

整骨院 治療メニュー

http://nakaharaseikotsuin.com

事故被害に遭った車が修理工場に搬入され、

その工場で修理が行われた場合、

 

一般的には車の保管料の請求はありません。

しかし、持ち込んだ工場で

修理をするのか、しないのかの問題が起こった結果、

 

持ち込んだ修理工場ではなく、

他の修理工場で修理を行う状況になることもあります。

 

この場合、最初に持ち込んだ修理工場から

保管料を請求される場合も起こりえます。

 

また、過失割合について争いとなり、証拠保全のため、

修理工場などに破損車両の保管を依頼した場合も

保管料の問題が発生します。

 

一般的に妥当な保管料であれば、

当然損害賠償の範囲になると思われますが、

 

被害者が何も決められずに何もしないでいる、

例えば、修理をするのか、しないのかを

 

いつまでも決めないまま、何にもしない状況でいるというのは問題で、

この分を加害者に責任を負わせるのは不可能です。

 

裁判所は、保管料についてどのように考えているのでしょうか。

被害者が破損車両の証拠保全のために約4カ月間業者に保管を依頼、

 

その保管料を加害者に請求した事例については、

1ヶ月の保管料を損害賠償として認めた判例があります、

 

また、大破した車両の保管料については、

「全損」扱いとなっており、保管の必要なしと判断され、

保管料の請求を認めなかった判例もあります。

 

裁判所は、保管料についてはケースバイケースで判断しているようです。

 

肩こり、腰痛専門ホームページ

http://youtu.k110.jp

TEL 099-250-2688

http://nakaharaseikotsuin.com

 

交通事故治療 専用ページ

http://k110.jp

交通事故専用ダイヤル(当院用)

0120-300-665

 

訪問マッサージ  きらら

http://kira100.net

TEL 0120-013-313

http://nakaharaseikotsuin.com

 

肩こり、腰痛 専用ホームページ

http://youtu.k110.jp

 

整骨院 治療メニュー

http://nakaharaseikotsuin.com

交通事故で車を壊された被害者の中には、

「愛車を壊されたので『慰謝料』も支払ってほしい」と思われる方も

いらっしゃるかと思います。

 

いくら可愛がっていた愛車が破損されて悲しい思いをしたからといって

車両破損による慰謝料を認めた判例は、

残念ながら皆無に等しいと言っていいのが現状です。

これは、車が「代替性のある物件」であるからです。

 

「代替性のある物件」は、財産上の損害が賠償されれば、

精神的苦痛も除去されると考えられ、

財産上の損害の補てんにより、仮に精神的苦痛が除去されないと訴える人がいても

通常生ずる損害とはいえない、と考えられています。

 

車両事故で「慰謝料」が認められることは、

まずないと覚えておいてくださいね。

 

肩こり、腰痛専門ホームページ

http://youtu.k110.jp

TEL 099-250-2688

http://nakaharaseikotsuin.com

交通事故治療 専用ページ

http://k110.jp

交通事故専用ダイヤル(当院用)

0120-300-665

訪問マッサージ  きらら

http://kira100.net

TEL 0120-013-313

http://nakaharaseikotsuin.com

肩こり、腰痛 専用ホームページ

http://youtu.k110.jp

整骨院 治療メニュー

http://nakaharaseikotsuin.com